Let's Enjoy おうちde英語
  〜子育てに英語をプラスするとこんなに楽しいよハートたち(複数ハート)
 なりぴとの楽しいおうち英語の日々を、たくさんのママとベビー&キッズに伝えたくて絵本の英語教室や親子マザーグース手遊びサークル、Baby Signing TiME! Class(アメリカ手話でベイビーサイン)を主宰しています。
楽しみながら親子でゆっくりじっくり心と言葉を育んでいけるような活動を目指しています。
ママとベビー&キッズの毎日がもっともっと輝きますように黒ハート
HPをリニューアルしました! 

2009年04月05日

今週の図書館で借りた本

今なりぴがはまっているのは「数字」。ちょうどCTP絵本もMATHの2-2をやっているところです。


かわいい『どうぶつがいっぱい』古川タク
古川タクさんのシリーズを3回続けて借りています(『あったらいいのにな』『にんげんがいっぱい』)。
驚いたことに毎回本人が探してきて選びました。毎晩何度も繰返し読んでとせがみます。古川タクさんの絵本にはちょっと変った動物さんやコケティッシュな人達が沢山出てきて面白いようです。
この絵本ではモノを数える事がテーマになっていて、数詞って難しいけれど、「くしゃみをしたゾウさんがいっとう、ダンスをしているカバさんがにとう、タコ上げが上手なタコがはっぴき」と元気良く暗唱してます。こうやって繰り返すことで脳に刻まれ、口に馴染んでいくんだなぁと感心しました。
毎回なりぴは、トイレで座っておしっこしている犬を指差して「なりちゃん」と言い、ドライヤーで髪をセットしているニワトリがお母さん、金魚鉢の金魚を狙ってる猫がポンちゃん、タコ上げしてるタコがお父さんと言います。お父さん、タコに似てるかな??

その他
かわいい『メイシーちゃんのバス』
初めてメイシーちゃんを借りました。英語と日本語が併記してあるんですね。うちでは毎晩英語で読んでいます。

かわいい『ルピナスさん−小さなおばあさんのお話−』
お隣のお嬢さんが小さかった時に読んでて印象に残ってると聞いたので借りてみました。「6歳から」と書いてある通り、娘には長くて難しすぎる文章だったのですが、絵の美しさに私はうっとりしてしまいました。

かわいい『マザー・グース うたのほん』
マザーグースの歌を分かりやすい絵で紹介している本を探していて借りてみました。キレイな絵なのですが、抽象的な線と色使いなので、ちょっと分かりづらいかな?と感じました。谷川俊太郎さんの訳詩はレトロチック(約40年前だから当たり前!?)で味がありますね。










posted by あっぴー at 02:22| Comment(0) | 日本語絵本(2歳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。