Let's Enjoy おうちde英語
  〜子育てに英語をプラスするとこんなに楽しいよハートたち(複数ハート)
 なりぴとの楽しいおうち英語の日々を、たくさんのママとベビー&キッズに伝えたくて絵本の英語教室や親子マザーグース手遊びサークル、Baby Signing TiME! Class(アメリカ手話でベイビーサイン)を主宰しています。
楽しみながら親子でゆっくりじっくり心と言葉を育んでいけるような活動を目指しています。
ママとベビー&キッズの毎日がもっともっと輝きますように黒ハート
HPをリニューアルしました! 

2011年04月19日

子供たちのために。

未だに収束の見通しの立たない原発事故。
今回、自分がどれだけ原発に無知で無関心であったかを強く恥じ悔いています。

クリーンで低コストなエネルギーという言葉を鵜呑みにし、
電気を使いたい放題使っていた私たちの生活は、
原発所在地の住民の方々の犠牲のもとに成り立っていたのです。
そして、大量の放射性廃棄物を未来の子供たちに押しつけ続けていました。

今回の大事故で目が覚めました。
とにかく、子供たちに負の遺産を押し付けてはいけない!!

でも私に何ができるのか・・・
ずっと考えていました。

小さいことでもいい。というか、小さなことしかできませんが・・・
この気持ちを多くのママたちと共有したい。
同じ思いのママたちは多いと思います。
でも誰にどんなことを話したらいいのかわからないのかも。
私がつぶやくことで、原発について気軽に話せる雰囲気を作れたらいいなぁと。

★「ママは原発いりません」福岡パレード

偶然見つけた、福岡の子育て中のママたちのアクションです。
佐賀にある玄海原発2,3号機の運転再開を反対してパレードを企画しているそうです。
何かしたいけど、何かしなければとは思うけれど、実際は日々の子育てと仕事に追われて
大変なことはできそうもないな、と弱腰の私とは大違いの勇気あるママたち。尊敬します。


★『自然エネルギー白書2011』 ISEP 環境エネルギー政策研究所  

エネルギー政策は将来必ず直面する問題です。
だったら問題を後送りにせず、今、向き合うべきではないでしょうか?

「原発反対!」と叫んでも現状は変わらない。
反対するときは必ず代替案を出さなければ無責任です。

ISEP環境エネルギー政策研究所は段階を踏んで原子力から自然エネルギーへ
2050年までに「100%シフト」していくことを提案しています。
ISEP所長の飯田哲也氏の朝日新聞のインタビュー記事(2011年4月13日付)をご参照ください。http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201104130114.html

原発をやめてエネルギー需要を賄っていけるわけがない、と思っている人たちを動かすには
やはりデータと具体案がなければ到底無理だと思います。
多くの政治家や識者にこの提言が届き、政府も企業も「原発をやめる!」と腹をくくって
本気で取り組んで欲しいです。

子供たちに安心で美しい日本を残すために、子育て中のママだからこそ声をあげなければ。。。
まずは自然エネルギーについて学んでみてはどうでしょうか?

posted by あっぴー at 00:25| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。