Let's Enjoy おうちde英語
  〜子育てに英語をプラスするとこんなに楽しいよハートたち(複数ハート)
 なりぴとの楽しいおうち英語の日々を、たくさんのママとベビー&キッズに伝えたくて絵本の英語教室や親子マザーグース手遊びサークル、Baby Signing TiME! Class(アメリカ手話でベイビーサイン)を主宰しています。
楽しみながら親子でゆっくりじっくり心と言葉を育んでいけるような活動を目指しています。
ママとベビー&キッズの毎日がもっともっと輝きますように黒ハート
HPをリニューアルしました! 

2013年10月30日

小学1年生前半にハマった絵本 A

小学生になって新しいお友達集団の中で、
最初はドキドキ緊張していたなりぴ。
あまり良く知らないお友達の一言一言に敏感に反応しまくってました。

お友達の何気ない一言、口癖など、その子の人となりを知ってしまえば
なんでもない一言が、まだ人間関係が出来てない中ではその言葉の本意がわからない。
伝わらないし伝えられない。それで悲しくなったり怒ったり。。。
小学1年生、もまれて人間関係の勉強をしていくのですね。

そんな悩んでるなりぴの話を聞いて、お友達のママが教えてくれた素敵な絵本。

武田美穂さんの『ますだくん』シリーズ



思ったことを口にしちゃうし手が出ちゃうけど、正義感と元気がいっぱいの男の子ますだくん。
思ったことを言えなくて泣き虫のみほちゃん。
2人が1年生の教室で隣同士の席になって起こる日常の風景。

ますだくんの不器用な優しさが、みほちゃんには伝わらずに空回りするせつなさ。。。
何だかわからないけど、ますだくんってすぐに怒るし意地悪だし、ますだくんとは関わりたくないよ〜と
毎朝学校に行きたくなくて足取りが重いみほちゃんの憂鬱な気持ち。。。
どちらの立場でも読めるし、どちらの立場の気持ちにも気付く、本当に秀逸な作品です。

なりぴとは何度も何度もこの絵本を読んでいろいろ話しました。
学校に持っていって担任の先生もクラスで読んでくれたそう。
この絵本に親子で救われた〜って気持ちが強く残ってますぴかぴか(新しい)





posted by あっぴー at 21:00| Comment(0) | 絵本(日本語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。