Let's Enjoy おうちde英語
  〜子育てに英語をプラスするとこんなに楽しいよハートたち(複数ハート)
 なりぴとの楽しいおうち英語の日々を、たくさんのママとベビー&キッズに伝えたくて絵本の英語教室や親子マザーグース手遊びサークル、Baby Signing TiME! Class(アメリカ手話でベイビーサイン)を主宰しています。
楽しみながら親子でゆっくりじっくり心と言葉を育んでいけるような活動を目指しています。
ママとベビー&キッズの毎日がもっともっと輝きますように黒ハート
HPをリニューアルしました! 

2009年11月30日

2009年11月の絵本(2歳11か月) その3

ヨーロッパの絵本を2冊。

★『ぼくがうれしくなるときは…』
  ヤニコヴスキー エーヴァ (著), レーベル ラースロー (イラスト), Janikovszky ´Eva (原著), R´eber L´aszl´o (原著), マンディ・ハシモト レナ (翻訳)

うれしいって、どんなこと?ぼくがうれしい時、みんなもうれしいといいな。みんながうれしいと僕もうれしいよ。
(ハンガリーの有名な童話作家&イラストレーターの作品で、子どもたちに大人気の絵本シリーズだそうです)

なりぴが表紙の絵で選んだ1冊。
描写が細かく内容がかなり難しいし、長くて私自身読むのが疲れて面倒くさいので、なりぴにはかなり端折って超テキトーに読み聞かせ。
それでもなりぴは毎日毎日この本を持ってきます。
どこに惹かれてるのかな???色鉛筆で描かれたシンプルな絵の感じかな?
それとも主人公の「ぼく」がいたずらしちゃったりするところかな。




★『あおバスくん 』 ジェームス クリュス (著), リーズル シュティッヒ (イラスト), James Kr¨uss (原著), Lisl Stich (原著), はたさわ ゆうこ (翻訳)

あおバスくんの前に立ちはだかるいたずらな犬オトカー。二人が繰り広げる騒動に町中大騒ぎ!

石畳、レンガの建物、町の広場(ロータリー)、肉屋さんのショーウィンドーにハーブをくわえたブタの頭(!)など、ドイツの作品だけあって、町の様子にヨーロッパの特色が出ていて楽しいです。












posted by あっぴー at 20:00| Comment(0) | 日本語絵本(2歳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

2009年11月の絵本(2歳11か月) その2

今月の図書館で借りた絵本の中で、『ちぃちゃんとこどもぶんこ』に次ぐNo.2のお気に入り絵本です。

★『すやすやおやすみ』 (まあくんのバイバイあかちゃんシリーズ 2)
  アロナ・フランケル (著), さくま ゆみこ (翻訳)

まあくんはどうして眠るの?それは一日中色んな事をして疲れたからよ。
まあくんはどこで眠るの?犬小屋?鳥の巣?いいえ、ベッドの上よ。
まあくんの枕の下には何があるの?夢の世界よ。
まあくんの夢はどんな夢?楽しい夢や怖い夢よ。怖い夢を見た時はお母さんに抱っこしてもらうのよ。
さぁ、おやすみなさい。おひさま、林の木、ライオン、みんなみんなおやすみなさい。

具体的なことや抽象的なこと、想像の世界を入り混ぜて赤ちゃんに眠りについて解説している、ちょっと不思議な感じの絵本です。
不思議な感じ・・・と感じるのは大人だけで、子供はまあくんと自分を重ね合わせて夢の国へ旅に出るのでしょうね。



すやすやおやすみ.jpg
posted by あっぴー at 20:00| Comment(0) | 日本語絵本(2歳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

2009年11月の絵本(2歳11か月) その1

今月は図書館の蔵書整理で休館の週があったため貸出期間が延びて、
10冊の絵本をほぼ1か月間借りっぱなしでした。

それだけ借りても、やっぱりなりぴはツボにはまった数冊のみを
1ヶ月間読み続けるという集中型でした。

一番のお気に入りは、ケイさんのブログで知った「ちぃちゃん絵本」
http://ameblo.jp/wke-blog/entry-10370521561.html

★『ちいちゃんとこどもぶんこ』 (ちいちゃんえほん) しみず みちを (著)

ちいちゃんとネコのみいこところたがこども文庫に紙芝居を見に行くのですが、ネコは「かみつくし、ひっかくし、さわぐ」ので入れてもらえません。どうしても入りたかったら「噛みつかない、さわがない、静かにする」と約束できるかな〜???

なりぴは最近、ちょっとしたトラブル(ケンカ、叩いたりひっかいたり、意地悪、通せんぼ、人が怒られてる様子)などに興味深々!!
なりぴ自身はお友達と争いごとができないタイプで、お友達とおもちゃの取り合いなどやったことがありません。(すぐに差し出してしまいます)
だけど、ケンカとか、人が怒られてる様子を絵本の中に見つけては大喜び!ネコのころたたちが「静かに!」と怒られたり、「噛みつかないよ」と約束させられたりするところがたまらない様子。
昔から「人の不幸は蜜の味」といいますが、2歳児(もうすぐ3歳)も同じ心境なのでしょうか???

あまりに大好きすぎて、この絵本の文章はほぼ完璧に暗記してしまいました。
私の読み方そっくり!そして私のアドリブのセリフもそのまま覚えて話します(笑)
読み始めって本当にかわいいですね〜〜〜♪
シリーズものなので、他のお話も続けて借りる予定です。









posted by あっぴー at 20:00| Comment(2) | 日本語絵本(2歳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

シチューの季節

★『もっともっとおおきなおなべ』 寮 美千子 (著), どい かや (イラスト)

ねずみくんが森できのこをたくさん採ってきて、おうちでシチューを作ります。
味見をしながらお塩とお水を足しつづけるうちにお鍋がいっぱいに・・・。
そこでりすくんのうちにもっと大きなお鍋を借りに行きました。
りすくんのうちのくりとくるみも足していくとだんだんお鍋がいっぱいになってきて・・・。

あったかいシチューのできあがりをドキドキわくわく楽しめる絵本です。
森のどうぶつさんがたくさん出て楽しいです。



去年のクリスマス会の絵本交換で当たった絵本。
2歳になったばかりのなりぴは、本格的にままごとデビューしたばっかりでした。
なので、シチューを作る過程よりも、おなべや野菜、動物などの単品に目が行っていました。

先週、久しぶりに本棚からこの絵本を引っ張り出してきて読んでとせがむので
読み聞かせたところ、とっても気に入って5〜6回も読まされました。
「シチューを作る」という行為が現在のなりぴのマイブーム(ミニキッチンでお料理)に一致!
ちょうどどんぐりの季節とも重なって、毎日朝から「どんぐりシチュー」ばかり作っています。
(そして私は同じものばかり毎日食べさせられています・笑)

1年経つと同じ絵本でも視点や感じ方がずいぶん変わるんだなぁ〜

もうすぐ3歳のお誕生日です★
posted by あっぴー at 23:09| Comment(0) | 日本語絵本(2歳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

2009年10月後半の絵本(2歳10か月)

今月はハロウィーンパーティーの準備、11月のレッスンプラン作り、
なりぴの幼稚園の入園説明会やらおいも掘りやらでやたらと忙しかったです・・・
ヒィ・・・
動悸が止まらない今日この頃。。。
アラフォーやばし。。。

今月後半は7冊の絵本を借りましたが、結局なりぴはそのうち2冊にはまりまくって、毎晩同じ2冊ばかり読んでました。

★『クレメンタインの冬じたく』ケイト スポーン (著), Kate Spohn (原著), 木坂 涼 (翻訳)

ネコのクレメンタインが冬のお洋服を選びます。とっても衣装持ちのクレメンタイン。
クローゼットにはおしゃれなお洋服がたーくさん。
さぁ、どれにしようかしら・・・

優しいパステル調の色彩の色鉛筆画(たぶん?)で、色使いのお手本になる♪
おしゃれなお洋服がたくさん出てきてデザインのお手本になる♪
着せ替えごっこのように毎日違うものを選ぶ楽しみがある♪

ほんとに素敵な絵本です★★★
我が家では「Amazonで注文しなくっちゃ!」なレベルです。
お洋服をすべてカラーコピーして、着せ替えを作っちゃおうかと思案中。
(出てくる洋服の量が膨大なので、大変そうですが・・・)

ちなみに、私は毎日違うデザインのお洋服を選ぶのですが、
緑マニアのなりぴは2週間毎日同じ緑色の服を選び続けています(笑)

毎日絵をじっくり眺めてると、「今まで全く興味のなかった色やデザインも意外にかわいく思えてくる」ということを発見しました。
この年齢になると洋服で冒険しないですが、たまにはいつもと違うデザインのものを買ってみようかしら??

*英語絵本の読み聞かせ会でも使いたいと思ったのですが、原書は既に絶版になってるようです。残念・・





★『ぼくがほんとにほしいもの』バイロン・バートン(原著)、海輪 聡 (翻訳)

ポップな原色の色使いと、ちょっととぼけた感じの(今風に言うと)ゆるいキャラクターがでてくる絵本です。

なりぴはこの本、ものすごく好きなんですけど、その理由を聞くと、
「最初のページに出てくるアイスクリームが食べたい」だそうです(笑)。
2歳10カ月ってまだまだそんなもんなのね・・・
でも、主人公がウサギ(なりぴはウサギ好き)だったり、犬に洋服を着せてウサギに仕立ててママとパパをだましたり、全てが面白いんでしょうね。

文章は少ないですが、つっこみどころ満載な絵(話)なので、親子の会話がはずみます♪

*こちらも原書は絶版のようです。またしても残念


ぼくがほんとにほしいもの.jpg








posted by あっぴー at 00:18| Comment(1) | 日本語絵本(2歳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。